スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎からのサーブレット/JSP(9日目)

基礎からのサーブレット/JSP 改訂版 (プログラマの種シリーズ)基礎からのサーブレット/JSP 改訂版 (プログラマの種シリーズ)
(2007/03/01)
宮本 信二

商品詳細を見る


CHAPTER9 コンテキストパスを理解する
呼び方の問題だけど話が通じる通じないにかかわってくるので覚えておく

Webアプリケーションサーバはアプリケーションをコンテキストという単位で管理する。
そして、Webアプリケーションの最上位パスはコンテキストルートと呼ばれる


実際にはこんな感じ

http://localhost:8080/entry/index.html
緑の位置がコンテキストパス
赤の位置がコンテキストルート
index.htmlまでがリソースのURL


JSPでは以下のような記述でコンテキストパスを取得できる。

<%=request.getContextPath()%>


requestは暗黙オブジェクトらしい。詳しくはまた後でやるだろう。

絶対パス、相対パスに関してはいまさらと言う感じなのでパス。
さすがにこのあたりは理解している。

スポンサーサイト
プロフィール

ラム君(モヒカンVer)

Author:ラム君(モヒカンVer)
都内でプログラマのようなものをやっています。
まだまだ初心者ですがよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。