スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッファ内でカーソルの当たっている行の内容を取得する

今日もelispのお勉強。
今日は関数の定義と、
バッファ内のカーソルの当たっている行の内容を取得する処理。
関数の定義は

(defun 関数名(引数リスト)
  関数の内容)

こんな感じ。
returnで返さないのが気持ち悪い。最後に評価した値が返るみたい。
戻り値はまだ突っ込んでは見ていない。

次はバッファ内のカーソルの当たっている行の内容を文字列で取得する処理。
こんな感じでやるらしい。

buffer-substring (point-at-bol) (point-at-eol)

関数にしてみるとこんな感じになる。

(defun cursor-line-str()
  buffer-substring (point-at-bol) (point-at-eol))

そろそろやりたいことの処理が出揃ってきた。
後は組み合わせるだけで出来そうな感じする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラム君(モヒカンVer)

Author:ラム君(モヒカンVer)
都内でプログラマのようなものをやっています。
まだまだ初心者ですがよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。